2つの事を同時に行うことで認知症予防

leciel

20150223 2月23日(月)の「おはよう朝日です」という関西ローカルのテレビ番組内で、須坂エクササイズで体も脳も元気に!”という長野県のある取り組みについて特集されていました。

 番組内では、長野県が都道府県別平均寿命(2013年現在)男女共に1位。その中でも、須坂市の要介護認定率が著しく低い(須坂市13.7%、長野県の平均17.3%、全国平均17.6%)ということを紹介されていました。須坂市では、保険補導員の方々を中心に活動をされていて、その中で歌いながら体操をするエクササイズが行われているということです。

 私は、この歌いながら体操をするエクササイズということに注目してみました。有酸素運動+唄を歌う(頭を使う)⇒デュアルタスク(2つの事を同時に行う事)が脳を活性化させていたのでしょうね。

 以前から認知症予防にデュアルタスクが良いと言われていましたが、実践して結果を出されているのですね。番組の中でも、西宮渡辺病院(兵庫県 西宮市)で脳の血流量を増やす⇒認知症予防&進行を食い止めると言う事で、脳の血流量を測定されていました。数値化する光トポグラフィーで脳(前頭葉)の血流量を測定してみると、通常時は-1.3脳トレのみで10.8体操のみだと88.2だったのが須坂エクササイズだと94.1を計測されました。
 測られた先生も感心されていました。私も須坂エクササイズしようかなぁ。毎日の何気ない行動を少し意識してプラス○○すると言うのもいいかも・・・

 私は、認知症を予防するためにデュアルアスクにプラスしてアロマでも対策をします。
去年アロマで認知症予防と言う事でブームになったあの4つの精油を使っての対策です。そう、ローズマリー+レモン、真正ラベンダー+オレンジですよね。
この4本の精油はアロマセラピー講座で学んでいただく10本の精油に含まれています。ぜひ、正しい知識の下に安全に使っていただくためにも、講座へいらしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です