肥満予防健康管理士が、ダイエット?!①

leciel

20150308  私は、肥満予防健康管理士の講座と出会うまでは、糖尿病になるのではないかとおびえて暮らしていました。身近に糖尿病の人がいた訳ではありません。当時は、今ほど健康番組があった訳でもありません。でも、糖尿病になると、足が壊疽して切断に至ってしまう。また、失明してしまう。と言った怖い症状を起こす事がある、と言う事を、私も知っていました。それに、糖と言う言葉がついているので、甘いものと大変かかわりのある病気だと思っていました。

 私は、甘いものが大好きなのです。甘いもの→食べ過ぎ→太る→糖尿病 というフローチャートが、私の中で出来上がっていました。だから、毎日糖尿病に対する恐怖で、おびえて暮らしていたのです。(糖尿病については、また、改めて詳しく書きます。)

 それでも、私は結構、食い意地が張っています。おいしいものがあるのに我慢するとか、控えて食べるとかそんなこと、絶対に出来ませんでした。食べないときは、胃を壊して痛くて痛くて、お医者さんに通院しているときぐらいでした。私、懲りないんです。ついつい、食べ過ぎてしまいます。熱があるとか頭が痛い、どこかが痛くても食べます。のどが痛くても、そぉっと少しでも痛くないようにして食べます(^^;)

 そんな私ですから、ある日とうとう、いつも検診を受けていた医院の看護師さんに「このままやったら、糖尿病になるよ!」と、忠告を受けました。だけど、こわごわ、食べていました。やめたいけどやめられない。『誰か、私を止めて!痩せる方法を教えて!』と、心の中で叫びながら・・・

 そんな中、肥満予防健康管理士の講座を受講する事で、肥満は万病のもと、ピンピンころりを、目指すためにもダイエットは必要不可欠の事だと知りました。そして、日ごろの生活習慣を改善する事で、ダイエットに成功しました。

 ところで、ダイエットって一生続けるものなんです。生活習慣を変えたっと言っても、飽食の時代、周りには誘惑するものが、いっぱいあります。私も、一年ぐらいは、キープしていました。でもね、2年目ぐらいから、『筋肉を付けて、基礎代謝を増やし、食べられる量を増やそう!』なんて、隙間運動で痩せたのに、えらい事を考えだしました。(ダイエットの基本は摂取エネルギーよりも消費エネルギーを多くする事なんです。それに、運動では思っているほどカロリーは消費しません。なので、摂取カロリーはとても大切なポイントなのです。)だって、食べたいんです!周りには、おいしそうなものが一杯あるんです!

 そこで、運動を始める前から『運動をするんだ!』なんて、思いつつ、食べる量を少しづつ増やしていきました。結果は、ご想像の通りです。『あぁ、増えてきたなぁ・・・』

あかんっ!、ダイエットしよう!

ライン

“香りで笑顔の輪を広げます”と言う想いの下に、メディカルアロマセラピーを紹介する講座を開いています。

* メディカルアロマセラピーについて、詳しく知りたい方は、こちら

* 季節ごとに、メディカルアロマセラピーを生活に取り入れたい方は、こちら

* その他、ご質問やお問い合わせは、こちらよりご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です