私に出来る方法

leciel

20150308 私は運動音痴で運動嫌いです。でも、ダイエットは続けています。

 先日、肥満予防健康協会の有資格者の集いに行ってきました。そこで、宮崎健爾理事長のお話を聞いてきたのですが、私が、この協会の肥満予防健康管理士の勉強をすることで、ダイエットできた理由がわかりました。

 それは、肥満についての知識を学び、無理なく続けられるダイエット方法を、それぞれが見つけて自分に合ったやり方で実行していくからです。ダイエットは、オーダーメードと言うのが協会の方針です。誰かが成功したからと言って、同じことをしても成功するとは限りません。

 集いに参加して一番気になったのが運動は大事!“思い付き30秒筋トレをしよう!”と言う事です。私にはとてもうれしい言葉です。たった30秒の筋トレです。私でもできます(^^; 理事長のyoutubeにアップされていると言う事でさっそく見ました。そこでの内容をお伝えします。

 ダイエットには必要な運動と必要でない運動があります。100メートル走やジョギングは要らない。必要な運動は3つ。1.ウォーキング(有酸素運動) 2.筋トレ(スローレジスタンス)、思い付き30秒筋トレ(1日5回筋肉に刺激を加える) 3.ストレッチ(筋肉を伸ばす)。特にウォーキングについては、“わざわざ出かけるのではなく、普段の生活の中で歩くときにおへそで歩く(骨盤で歩く)ような感じで、姿勢よく体幹をまっすぐにして、腹筋に力を入れて、ひと足歩幅を大きく歩く。足の筋肉に力を入れて、かかとから降ろしてつま先で蹴る”。と言う歩き方をしましょう。階段があったらエレベーターじゃなくて階段で。

必然性の中で運動をしましょう。と言う事でした。私、さっそく家の中を歩きました。(ほんの数歩ですが、何回か)外に行く予定が無かったので・・・。30秒筋トレは気が付いた時に腹筋に力を入れたり、椅子に座っていたら足上げをしたり、かかとの上げ下げをしたりしています。パソコンに向かっているときは、時々腹筋に力を入れています。

皆さんご存知のように、ダイエットをするには、“食事が主で、運動が従”と考えるのが理想的です。でも、運動嫌いの私には、運動を続けていくことがとても重荷です。そんな私が、ダイエットを続けているのは、気軽に思いついた時に、30秒筋トレをすればよいと言う、簡単な方法で出来るからです。

無理なことをして、痩せても続かないとリバウンドしてしまいます。リバウンドは、ただ単に体重が元に戻るのではありません。筋肉が減り、代わりに脂肪がついたことにより、体重が元に戻ってしまうのです。そのため、次に体重をへらそうとした時に、痩せにくい体になっているのです。だから、無理なく自分の出来るペースで続けていくことがとても重要になってきます。健康に暮らすためにとても大切なことだと思います。

※スローレジスタンス…ゆっくりとした動作で行うトレーニング方法です。筋肉を肥大させて、筋力を増強させる目的で行う、レジスタンス運動のひとつとして分類されます。「3~5秒程度かけてあげて、3~5秒かけて下げる」と言う動作が一般的です。さらに、肘や膝を延ばし切って休まない、ノンロックと言う動作を組み合わせることで、より負荷をかけることが出来ます。例えば、スクワットなら立ち上がりきらずに、再びしゃがみ込むという動作の仕方です。

ライン

“香りで笑顔の輪を広げます”と言う想いの下に、メディカルアロマセラピーを紹介する講座を開いています。

* メディカルアロマセラピーについて、詳しく知りたい方は、こちら

* 季節ごとに、メディカルアロマセラピーを生活に取り入れたい方は、こちら

* その他、ご質問やお問い合わせは、こちらよりご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です