梅雨のお助けマン“パチュリ”

leciel

20150524a 「5月19日に鹿児島奄美地方、5月20日に沖縄が梅雨入りしました。」と言う気象予報士の方のお話がテレビから聞こえてきました。そろそろやって来るのですね。気象庁のデータによると近畿地方は6月7日頃と言う事です。
毎年、この時期になるとパチュリ精油を使いたくなるのです。とても強く、独特なにおいがする精油なので、必ずブレンドします。何を作るのにも必ず○○+パチュリと言う事になります。グリセリンソープ、入浴剤、スキンケアウォーター、芳香浴、クリームに使います。
 私自身、どうしてこの時期にパチュリを使いたくなるのかは、わかりません。私はパチュリのにおいを表現するときに“森下仁丹のにおいがする”と言います。わかる人には、わかってもらえるのですが皆さんはどうでしょうか?このにおいにいつも使っている精油をブレンドした時、何かすっきりしたにおいに私は感じたのです。梅雨時のじめじめしたときや、ムシムシする暑さの中、『すっきりするにおいを身体が要求したのかなぁ』と自分なりに解釈しています。
 後付けになりますが、パチュリの特徴としてデオドラント作用がある事と、皮膚細胞の再生を促してくれると言う事が、私にはうれしいことです。
 すきな香りを生活に取り入れることで、癒されるだけでなく、それにプラスの副産物があると言うのが、作られた香りではなく、自然の香りを使っているアロマセラピーの良さだと思います。
 早速、パチュリで梅雨対策の準備に取り掛かります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です