安らぎのオレンジスィート

leciel

オレンジの木 アロマセラピーと言えば“ラベンダー”を思い浮かべる方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?安眠、癒しのラベンダーとして有名ですよね!あなたにとっての安らぎの香りは何でしょうか?

 私は、安らぎの香りとして“オレンジスィート”を紹介します。スッキリ爽やかなかんきつ系の精油の中でマンダリンに次ぐまろやかさがあります。

 実は私、オレンジスィートにはとっても助けられたので、是非紹介したいのです。心と身体に作用するメディカルアロマセラピーに出会って、心から良かったと思う精油の中で、一番の精油なのです。それは、手探りで答えのない子育て中の私、成長過程でいろいろと不安を抱く子供たちそれぞれに安らぎの時間を届けてくれたことです・・・

 初めて、オレンジスィートと出会った時、娘は中学生でした。小学校から仲の良かったお友達が不登校になって、毎日ノートをみせてあげているうちにとうとう娘までもが不登校になってしまいました…そっと見守るしかないと思っていても、つい口出ししてしまう事も多々ありました。そんな時出会ったオレンジスィートを、娘に紹介しました。「これは、こどもにやさしい精油で、気持ちを整えてくれて、平常心にもどしてくれるらしいよ~。とっても落ち着くから、寝室で香らせるのも良いらしいよ~。」と言って娘に渡したところ、その日から寝るときにディフューザーにオレンジスィートを入れて香らせるようになりました。私には何も言わないけれども、『オレンジスィートの香りに包まれて自分の気持ちと向き合っているのかなぁ~』と思い、娘のことはオレンジスィートに任せました。頼るしかなかったので…。すると、オレンジスィートの香りで気持ちが落ち着いてきたことを自分自身で実感した娘は、他の香りにも興味を持ちだして、少しずつ少しずつ私との会話も増えていきました。手放しで、完全に安心できるようになったのは大学に入ってからです。ずっとスイートオレンジに支えてもらいました。今では、二人の子供のお母さんになりました。まだまだ、子供も小さいのでオレンジスィートではなくてマンダリンの香りを使っていますが、「やっぱり、私はオレンジスィートの香りが好きやわぁ~」と言っています。

 さて、つぎは息子の話です。息子とオレンジスィートの改めての話となるとそれは大学2回生の時の話になります。使い始めは、お姉ちゃんと同じ時期です。もう何年も使っていました。そんなある日、いきなり知らない病院から電話がかかってきました。「息子さんが入院されているので、ご両親そろって至急来てください!」と言う内容のものでした。まったく知らない病院だったので「間違いじゃないですか?」と尋ねましたがやはり息子でした。大きな傷が残る手術をしました。右腕でした。命があってよかった…。私と主人はもうそれだけで、いえいえそれがうれしくて私たちの中ではもう解決してしまっていたのです。でも、傷を負った本人はそうはいかなかったんです…。「以前のようにバスケットがしたい」と、リハビリの先生に言った時私は、涙がこぼれるのを必死にこらえました。退院後包帯が取れてからは、毎日ハンドマッサージをしました。「お母さんが治してあげる!」と言いながら…。息子は、しびれがあったり感覚がなかったり不安なことが一杯あったと思います。そんなときもずーっと部屋にはオレンジスィートの香りが漂っていました。“気持ちを穏やかにしてくれる香り”だから、不安なときもずっと使い続けてくれたのだと思います。そして私の気持ちも奮い立たせてもらいました。今では、息子の腕は、大きな傷こそ残りましたが、日常生活を支障なく過ごしています。そして、時間がかかりましたが、今年新たに、再出発することになりました。

 思い入れがありすぎるオレンジスイートですが、そろそろ紹介します。
 医師が教えるアロマセラピー(世界文化社)と、言う本によると効能は、鎮静、抗菌、抗うつ、血行促進となっています。特徴は、爽やかなかんきつの香りで、明るく前向きな気持ちにさせてくれる精油。血行を促進して代謝をアップしたり、皮脂分泌のバランスを整えニキビやオイリー肌の改善にも効果的。紫外線に当たるとシミの原因になるので、塗布後4~5時間は日に当たらないように。と書いてあります。

 私が注目したのは、“明るく前向きな気持ちにさせてくれる”と言うところです。ずかずかと心の中に入り込んできて「元気出しや!」と言うような感じではなくて、そっと横で支えてくれていて、「いつの間にか元気になっていたわぁ」と言う感じです!

 あなたなら、オレンジスィートにどんな作用を期待されますか・・・

※メディカルアロマセラピーで使用する精油は、オーガニック精油です。私は、メドウズ社とプラナロム社の精油を使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です