イギリス式とフランス式

leciel

アロマセラピー講座 アロマセラピーと言う言葉をご存知の方はたくさんいらっしゃると思います。
 
 では、アロマセラピーに、イギリス式アロマセラピーとフランス式アロマセラピーの2種類があるのは、ご存知でしょうか?

 イギリス式アロマセラピーは、主に香りとマッサージによるリラクゼーションとして利用します。日本での普及率が高く、一般的に言われているアロマセラピーは、このイギリス式です。エステサロンなどで、美容を目的とした、香りによる癒しとして、提供されていることも多く、エステティックアロマセラピーとも言われています。

 フランス式アロマセラピーは、香りの成分を利用して、病気の予防や健康維持、体調不良を改善利用する方法として行われている自然療法で、メディカルアロマセラピーと呼ばれています。認知症予防に、アロマセラピーが、活用できることが紹介されてから、特に注目を浴びるようになりました。

 今、あなたの行うアロマケアが、“医療現場のアロマセラピー導入”の手助けとなります!と言う事でアンケートが行われています。http://www.therapylife.jp/aroma-chousa/
この結果がまとめられて、日本の中で、メディカルアロマセラピーがどのように発展していくかとても楽しみです。

 イギリス式とフランス式の違いを例えると、トリートメントを受けるときに好みの香りに包まれて癒されるのが、イギリス式アロマセラピーです。そして、好みの香りであることも大切ですが、その時の体調を整えるための成分を持つ精油(エッセンシャルオイル)をブレンドして使用するのが、フランス式アロマセラピーです。皮膚にブレンドオイルを塗布した場合、5分後には血液中にその成分が含まれています。
 
 香りをうまく利用して体調を整えられたら良いと思いませんか?
 
 Lecielが提供しているアロマセラピーは、メディカルアロマセラピーです。おばあちゃんの知恵袋のような、民間療法としてアロマセラピーを、生活に取り入れる方法を、お伝えする講座を行っています。また、オールハンドでトリートメントも行っています。

 メディカルアロマセラピーで精油の効能を利用するには、オーガニックの精油を使う必要があります。健康自然素材香りこの3つのキーワードのうち一つでも気になる方は是非。。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です