ハンドマッサージ

leciel

アロマトリートメント 一人でも多くの人にお伝えして、実践していただきたいハンドマッサージ。

家族のコミュニケーションツールとしてお勧めします。

 アロマセラピストとしての勉強中、家族にハンドマッサージの練習をさせてもらいました。主人、娘、息子3人とも一回目はいやいや練習台になってくれたのですが、2回目からは即OK。反対に「今日は練習無いの?」と、リクエストされるぐらいでした。まず、ハンドマッサージの心地よさを実感してくれました。そして、触れ合う事で子供たちは普段なら話さないような学校での出来事や思いをぽつりぽつりと話してくれたりしました。このことは、母親としてとてもうれしい出来事でした。いつも食事が終わるとすぐにそれぞれの部屋に戻っていく子供たちが、わざわざ部屋から出てきて自分から話をしてくれるのです!この時に、ハンドマッサージはコミュニケーションツールとして使える!と私は思いました。

癒し効果もあります。

 子供たちが、普段話さないようなことを話してくれると言うことは、触れ合う事でぬくもりを感じて固くなっていた心が緩んだのではないでしょうか?私の個人的な感覚としては、ほっこりとお風呂に入ってぬくもっているような感じをハンドマッサージから受けます。

健康効果も期待できます。

 心が緩むことはとても大切なことで健康にもかかわってきます。例えば、緊張しているときに、体が硬くなっていて、肩がこったと言うような経験はありませんか?そんな時は、ハンドマッサージでリラックスすることで、心が緩み、体の力が抜けて、ぎゅっと力が入っていて血行不良状態だったのが、ふーっとちからが抜けて、血流が改善されます。それに、オイルを使ってマッサージすることで、筋肉が柔らかくなっていき、関節の動きが良くなることで、関節の不調による症状が緩和されることも期待できます。

“幸福ホルモン”と言われる“オキシトシン”の分泌を促します。

 ″オキシトシン”は、親しい人に触れられた時などに、脳から分泌することが知られています。まさにハンドマッサージは良いツールではないでしょうか?
オキシトシンの効果として次のようなものが挙げられます。
☆人への親近感、信頼感が増す。
☆ストレスが消えて幸福感を得られる。
☆血圧の上昇を抑える。
☆心臓の機能を良くする。
☆長寿になる。

認知症対策のツールとして実践している施設がある。

気持ちが落ち着く、睡眠への導入に使えるなどとして、ご高齢の方が入居されている施設や認知症の方の入居されている施設でハンドマッサージが導入されているところもあります。人のぬくもりの大切さ、パワーの大きさに感心させられます。

ハンドマッサージをする人も受ける人も、お互いに相手のぬくもりを感じることが出来ます。
素敵なことですよね。あなたとあなたの身近な人の心と身体のケアにハンドマッサージを取り入れて見てください。

Le cielでは、ハンドマッサージ講座を行っています。

詳しくは、[こちら]をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です