アロマトリートメントでストレス対策

leciel

20150223 先日、テレビで“元気の時間”を見ていたら、ストレスを緩和し、心を安定させるセロトニン(脳幹で作られるホルモン)活性術が、3つ紹介されていました。

  1. リズム運動・・・ウォーキング、ジョギング、自転車こぎ、水泳等、一定のリズムを繰り返す運動。1日5~30分疲れない程度に行う。ガムをかむのもリズム運動として効果がある。
  2. セロトニンの材料となる栄養をとる・・・トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物。バナナの中にはこの3つの栄養素がバランスよく入っています。1日1本、よく噛むと効果アップ。
  3. スキンシップ・・・人やペットとの触れ合いでセロトニンが分泌される。肩もみ、マッサージも効果的。

 以上の3つの中で、私は、肩もみ、マッサージも効果的と言う事に注目しました。そして、『アロマトリートメントでもいいんじゃない!?』と、思いました。アロマセラピーで使う精油(エッセンシャルオイル)の中には、セロトニンの分泌を増す効果があると言われている、酢酸リナリルと言う香り成分を含むものがあります。例えば、真正ラベンダー、クラリセージ、ベルガモット、ネロリなどです。

 番組の中で、保健学博士の先生が、「身体がリラックスすると、心がスッキリする」と、おっしゃっていました。酢酸リナリルを含む精油を使った、オールハンドのトリートメントでリラックスして心をスッキリさせましょう。
 
 Le cielではアロマトリートメントも行っています。よろしければ、心をスッキリさせにいらっしゃいませんか?
 
詳細はこちらをご覧ください。

ライン

“香りで笑顔の輪を広げます”と言う想いの下に、メディカルアロマセラピーを紹介する講座を開いています。

* メディカルアロマセラピーについて、詳しく知りたい方は、こちら

* 季節ごとに、メディカルアロマセラピーを生活に取り入れたい方は、こちら

* その他、ご質問やお問い合わせは、こちらよりご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です